Q-FOG SSP & CCT Cyclic Corrosion Testers

Q-FOG複合サイクル腐食試験機
イメージ拡大
 
Q-FOG複合サイクル腐食試験機 腐食商工検体ラック  腐食試験パネルホルダー 複合サイクル腐食試験機 Q-FOGバブルタワー Q-FOG標本エリア どのように腐食商工会議所 Q-FOGそれは1仕組み Q-FOGそれは2仕組み Q-FOGそれは3仕組み
イメージ切替

複合サイクル腐食試験は、自然の大気腐食を屋内の試験所でシミュレートする上で実現しうる最高の手段を提供します。調査では、構成、形態、相対腐食率の試験結果は屋外のものに類似するというデータが出ています。

Q-LabのQ-FOG複合サイクル腐食試験機では、従来の塩水噴霧、「プロヒージョン(Prohesion)」試験およびほとんどの複合サイクル自動車試験の実施が可能です。Q-FOG試験機は幅広い試験要件に対応できる2サイズをラインナップしています。

Q-FOG複合サイクル腐食試験機は、市場に出回る試験機の中でも最もシンプルで信頼性が高く、使いやすさに優れた腐食試験機です。


複合サイクル腐食試験
複合サイクル腐食試験以前は、従来の塩水噴霧(摂氏35度での継続的な塩水噴霧)が試験所での腐食シミュレーションの標準的な手段でした。しかし、従来の塩水噴霧法は屋外における自然の湿潤/乾燥サイクルを模擬するには不十分であったため、屋外との相関性が低い試験結果が出ることも度々でした。

Q-FOG複合サイクル試験機では、屋外条件を模擬するよう設定された反復サイクルを通して、試料が一連の異なる環境に曝されます。「プロヒージョン(Prohesion)」仕法のようなシンプルなサイクルは、塩水ミストと乾燥状態の2つのサイクルで構成されることが多々あります。より複雑な自動車試験法では、塩水噴霧と乾燥に加え、湿潤あるいは結露サイクルを組み込んだ多段階サイクルが必要となる場合があります。

一台のQ-FOG試験機で、一連の最重要腐食環境を周期的にシミュレートすることが可能です。極めて複雑な試験サイクルでもQ-FOGコントローラーで容易にプログラムすることができます。Q-FOG試験機が対応している試験仕法の詳細リストは、LF8110 - Q-FOG仕様、あるいは規格ページからご参照頂けます。

Q-FOG腐食試験機には2つのタイプがあり、SSPモデルは従来の塩水噴霧および「プロヒージョン」試験機能、CCTモデルは従来の塩水噴霧と「プロヒージョン」試験に加え、ほとんどの複合サイクル自動車用試験対応の相対湿度100%(結露)機能が加わったタイプになります。

簡単な設定と試料設置
Q-FOG試験機は、ミスト、乾燥、相対湿度100%(CCTモデルのみ)、一時休止の4段階のモードをサイクル式で設定できます。試験状態や時間、ならびに温度は、内蔵のマイクロプロセッサーで制御することが可能です。驚くほどシンプルなユーザーインターフェースにより、設定も操作も簡単。新しいサイクルの設定、あるいは設定済みのサイクルの中からお好きな設定を起動するのも素早く行えます。Q-FOGコントローラーには、警告メッセージ、定期サービスリマインダー、安全自動シャットダウンなどの完全自動分析機能も付いています。

Q-FOG試験機は低位置ベルトと開け閉めしやすい開閉口(蓋)で試料設置が簡単。SSP-600およびCCT-600モデルは75mm x 150mmサイズの試験パネル160枚、SSP-1100およびCCT-1100モデルは試験パネル240枚を格納できる容量を有しています。

ミスト分散の正確制御
Q-FOG複合サイクル腐食試験機は、量と距離を独立して変更できない従来のシステムと比べてより優れたミスト分散が可能です。多速度蠕動ポンプがスプレー用噴霧器に送られる腐食剤の量をコントロールし、同時に空圧制御器がそれを送り届ける距離を制御します。なお、Q-FOG腐食試験機の正確な運用には純水が必要です。

内蔵式溶液リザーバー
内蔵式溶液リザーバーにより、Q-FOG 試験機はスペースを最大限に生かしながら保守を最低限に抑えます。120 リットルのリザーバーは、ほとんどの試験を7 日間あるいは それ以上行うのに十分な容量です。このリザーバーは完全塩分フィルターと、溶液が少なくなった時にお知らせする内蔵型アラームを備えています。

迅速なサイクル
Q-FOG試験機は、その独自の内部チャンバーヒーターと強力な空冷/乾燥送風システムにより、驚くほど短時間で温度変更を行うことができます。追加の空気ヒーターを使うと非常に低湿潤な乾燥暴露が可能です。水ジャケット式の従来の試験機では、水の熱的質量により迅速なサイクルが行えず、また低湿潤環境を作り出すこともできません。

リーズナブルな価格
Q-FOG複合サイクル腐食試験機は、最高水準の試験技術、高い信頼性、簡単操作、低メンテナンスの全てを驚くほどリーズナブルな価格で実現します。

製品モデル (特徴タブも参照)

  • Q-FOG SSP-600: 従来の塩水噴霧およびプロヒージョン仕様(容量640リットル)
  • Q-FOG SSP-1100: 従来の塩水噴霧およびプロヒージョン仕様(容量1103リットル)
  • Q-FOG CCT-600: 従来の塩水噴霧、プロヒージョン、相対湿度100%(容量640リットル)機能
  • Q-FOG CCT-1100: 従来の塩水噴霧、プロヒージョン、相対湿度100%(容量1103リットル)機能

機能内容の比較には、LF-8110 - Q-FOG仕様、または特徴タブをご参照下さい。


「プロヒージョン」試験あるいは従来の塩水噴霧試験にSSPモデル
Q-FOG SSP腐食試験機では、「プロヒージョン(Prohesion)」、ASTM B117およびG85、BS 3900 F4およびF9、DIN 50.021、ISO 9227などに対応した非常に多くの促進腐食試験の実施が可能です。詳細は、規格ページLF-8131 – Q-FOG適合規格一部リストをご参照下さい.

プロヒージョン仕法は短時間周期、急速温度変更、低湿度乾燥サイクル、異なる腐食剤を利用し、より現実性の高い試験を実現します。多くの研究者がこの試験を工業用保護コーティングに有効だと結論づけています。 

継続的な塩水噴霧暴露は、組み立て部品やコーティング材の耐食性を試験する仕法として広く指定されています。メッキや塗装を施した仕上げ材、航空宇宙産業および軍事用コンポーネント、電気/電子システムなどがその用途に含まれます。

これらの試験のほとんどは、ASTM B117(塩水噴霧)やBS 3900 F4といった特定の仕様に合わせて実施されます。これらの試験は相対腐食試験に広く用いられ、通常、高温状態で乾燥サイクルを組み込まずに行われます。噴霧のためには高温に熱した多湿度な空気が必要となります。 

腐食研究と複合サイクル自動車試験にCCTモデル
Q-FOGのCCTモデルはSSPモデルの全特長を持ちながら、湿度100%(結露)サイクルを含む柔軟性を兼ね備えています。典型的な今日の自動車腐食試験法では、塩水噴霧、高湿潤、低湿潤乾燥、室内条件の反復サイクルに試料を曝すことが求められます。労働負担の大きい手作業による試験手順として開発されたこれらの試験法ですが、このマルチ機能のQ-FOG CCT腐食試験機は、これらの複合サイクル試験を一台で自動的に行えるよう設計されています。

以下の手間や問題が省けるのは、Q-FOGのCCTモデルの利点の一つです:

  •  一つの試験機から別の試験機への手作業による試験片移動
  • 手間のかかる試験片への噴霧作業
  • 過剰な試験片の取り扱いによる結果の変動性

CCTモデル試験機は、開閉口(蓋)側に付いている視界窓や機内ライトで試験状況の監視も容易です。

 

試料ホルダー
試料を15度の角度で設置可能なオプションの試験パネルホルダーは、中央部38mm、最高102mm x 304mmのサイズのパネルを支えます。

変型のパーツ(大型の立体試料など)は専用の20ミリサイズの吊下げロッドに設置することができます。詳細は、試料設置ページLF-8151 - Q-FOG試料設置をご参照頂くか、以下の標準パーツ番号について弊社に直接お問い合わせ下さい:

  • F-9008-K    Q-FOG SSP-600/CCT-600用試験パネルホルダーキット8個セット
  • F-9011-K    Q-FOG SSP-1100/CCT-1100用試験パネルホルダーキット10個セット
  • F-9014-K    Q-FOG SSP-600/CCT-600用20ミリサイズ吊下げロッドキット6個セット
  • F-9017-K    Q-FOG SSP-1100/CCT-1100用20ミリサイズ吊下げロッドキット8個セット

その他のアクセサリ
Q-LabではQ-FOG試験機用のミスト収集キットもご用意しています。目盛り付きシリンダー、パッキング用Oリング、収集用漏斗の6セットが入ったキットです。

また、ポンプチューブ8本、空気フィルター1個、液体フィルター部品2個、便利なマジックレンチがセットになった1年間メンテナンスパーツキットもご用意しています。

 

技術開示

技術文献

カタログ

仕様開示

取扱説明書

 

製品

コンタクト

  1.  

Q-Lab 電話番号

USA: +1-440-835-8700
Florida と Arizona Test Services: +1-305-245-5600
UK/Europe: +44-1204-861616
Germany: +49-681-857470
China: +86-21-5879-7970

 
View Full Site